×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほぼ日手帳の使い方

ほぼ日手帳は高性能のシステム手帳と評判が高いです。使い方や活用法が気になる所ですね。カバーアレンジやロフト・通販での購入などが出来るので早めにチェックしておきましょう。ほぼ日手帳とは、コピーライターの糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」のプロデュースによるシステム手帳のこと。この「ほぼ日手帳」というシステム手帳は、サイト黎明期からユーザーの様々な意見を取り入れ完成された人気グッズとなり、「進化する手帳」として現在でも毎年改良を重ねながら販売され続けています。

システム手帳の活用法

ほぼ日手帳とは「14万人が使って14万人がつくる手帳」というほど人気が高く、通販でも購入できます。ちなみにボールペンなどもセットで付いてお得感あり。使い方の活用法は通販サイトのアマゾンでも「ほぼ日手帳」の使い方の指南書が紹介される程。http://www.1101.com/store/techo_book/index.html
それによるとコンセプト的には、【ほぼ日手帳の「何でもない日を大切にする」というコンセプトを実現している人の手帳の使い方を見ることができます。】との事。具体的な使い方・活用法は【「ほぼ日手帳」は、スケジュール管理のツールとしてだけでなく、「生活をたのしむ道具」をめざして開発した手帳です。その為に、仕事の予定だけでなく、自由な時間をたっぷり使って頂きたいと思い、余裕を持って書き込めるようにスケジュール欄は、「1日1ページ」、手帳カバーは、収納スペースがたっぷりの「たるみ手帳」にしています。】という親切設計。

ほぼ日手帳の通販

使い方の専門本まで出版されている「ほぼ日手帳」。どんな本かというと【手帳なんて必要ないと思っている人も。手帳を使いこなしている人も。ほぼ日手帳を使っている人も、ほぼ日手帳を知らない人も。毎日が更に楽しくなるヒントがたくさんつまった本ができました。】との事。使い方の説明本まで出るなんてすごい人気の手帳ですね。ちなみに通販では、人気のカバーはマリンブルー。サイズも丁度良いサイズでセットで付いてくるボールペンの使い心地も良いです。使い方はびっくりするほど自由自在。使用例につけられたタイトルを本の中からご紹介しますと‥‥ 【「スクラップブック」 「メモ帳」 「スケジュール&ネタ帳」「三日坊主」 「記念日タグシール」 「ステージ記録&ネタ帳」「営業管理」 「交換手帳」 「移動オフィス」「起業のための手帳」 「ネタ帳」 「仕事管理」「働くママ」 「仕事管理」 「家の間取り図」「研究実験」「TO DOリスト」 「洋服コーディネート」】等など。